Google BardがOpen AIのChatGPTに劣る理由:ペルソナと想像力

人工知能(AI)は日進月歩の分野であり、GoogleやOpenAIのようなハイテク大手が技術革新をリードしている。どちらも最先端の言語モデルを開発している。 バルド とOpenAIの チャットGPT - 人間のようなテキストを生成することができる。どちらもそれなりに画期的ではあるが、両者を隔てる重要な要素がある。


この文脈では、イマジネーションとは、言語モデルが特定のキャラクター、つまり「ペルソナ」に基づいて応答を適応させ、異なるタスクやドメインに合わせて微調整する能力のことを指す。どちらのモデルも驚くべき言語生成能力を備えているが、ChatGPTの想像力、つまりペルソナを引き受け、その応答を微調整する能力が、GoogleのBardに優位性を与えている。


この記事では、なぜそうなのか、そしてGoogle Bardのこの「想像力の欠如」が、ChatGPTと比較した場合、その全体的な効果にどのような影響を与えるのかについて掘り下げていきます。

ペルソナの力を理解する

AI言語モデルにおける「ペルソナ」とは、モデルの行動や応答を導く一連の特徴や属性を指します。以前のブログ記事で説明したように、よく練られたペルソナはAIとのインタラクションの質を劇的に高め、より親しみやすく、魅力的で、パーソナライズされたものにすることができます。


しかし、なぜこのコンセプトがそれほど強力なのでしょうか?簡単に言えば、ペルソナによって言語モデルは事実上あらゆる分野のエキスパートになることができる。トリビアの達人、ファイナンシャル・アドバイザー、クリエイティブ・ストーリー・ライターのいずれが必要であっても、ペルソナで定義されたスキルセットがAIモデルの専門性を形成します。



この「想像力」によって、ChatGPTのようなAI言語モデルは、ペルソナの背景、性格、スキルセット、好き嫌いに応じて応答を適応させることができる。


逆に、グーグルバードのこの想像力の欠如は、その柔軟性と適応性を妨げ、使用例と全体的な効果を制限している。

ChatGPTの微調整の柔軟性とバードの想像力の欠如

ファインチューニングとは、事前に訓練された言語モデルを特定のタスクやドメインで訓練するプロセスである。要するに、より正確で手元のタスクに適用できるように、モデルの応答を洗練させるのである。モデルをどの程度まで微調整できるかは、多くの場合、その実用性と汎用性の重要な決定要因となる。



この点で、OpenAIのChatGPTは際立っており、次のような点で顕著な柔軟性を示している。 微調整.ChatGPTは、言語翻訳、要約、テキスト補完、ペルソナの具現化など、さまざまなタスクに対してきめ細かく微調整することができます。つまり、ChatGPTは特定のペルソナに「なる」ように調整することができ、AIとユーザーとの対話を強化する特徴、スキルセット、背景を想定することができます。この能力は、より没入的で、魅力的で、パーソナライズされたユーザー体験を生み出します。


対照的に、Google Bardは、堅牢なAIモデルであるにもかかわらず、微調整やペルソナ作成の面で大きな制約がある。Bardは、言語翻訳、テキスト要約、テキスト生成など、シーケンスからシーケンスへのタスクのために特別に設計されています。ChatGPTとは異なり、Bardはペルソナを想定したり、これらの初期タスクを超えて微調整することはできません。


この制限は、想像力の欠如というBardの重大な欠点につながる。ペルソナを採用することができないBardは、パーソナライズされた、文脈を意識した応答を提供する能力に影響を与える。キャラクターや特定の分野の専門家に「なりきる」能力がないため、Bardのインタラクションはより一般的で、魅力に欠ける。



さらにBardは、ChatGPTが得意とする、長時間の会話を管理し、文脈を維持し、変化するプロンプトに適応する頑強さに欠けています。この違いは、パーソナル・アシスタント、専門家アドバイザー、または楽しい会話者として機能する、動的でコンテキストを認識した対話ができるAIモデルを作成する際に非常に重要です。

ChatGPTの専門家ペルソナ対Google Bard

ChatGPTとGoogle Bardの違いを説明するために、仮定のシナリオを考えてみましょう。

あるユーザーが、熟練した金融アナリストのペルソナを具現化したAIモデルと対話したいと考えたとする。この「アナリスト」は、複雑な金融用語を理解し、市場動向に関する知識を持ち、ファイナンシャル・プランニングや投資戦略についてアドバイスする必要がある。さらに、真に魅力的であるためには、このペルソナはプロフェッショナルでありながらフレンドリーな口調を維持し、パーソナライズされた応答を提供し、長期にわたって一貫した対話を維持できなければならない。

ChatGPTで金融アナリストのペルソナを作成する

ChatGPTでは、このペルソナの作成が可能です。ChatGPTは、金融アナリストのペルソナを具現化するために、必要な知識とスキルを持つように微調整することができます。慎重なプロンプト設計とペルソナの特徴指定により、ChatGPTは金融クエリに正確に応答し、プロフェッショナルな口調を模倣し、さらには一貫したユーザー体験のために過去のやり取りを記憶するよう導くことができます。こうして、ユーザーは専門的でパーソナライズされたアドバイスを、魅力的で一貫性のある方法で受け取ることができます。

吟遊詩人体験

逆に、Google Bardを使って同様のペルソナを作ろうとすると、困難に直面する。Bardは、事前に訓練された言語モデルによって金融クエリに応答することはできるが、金融アナリストのペルソナを「体現」する能力に欠けている。回答は事実に基づいているが、専門的なトーンや個人的なアドバイス、複数の対話にわたって一貫性を維持する能力に欠けている可能性がある。さらに、Bardは長時間の会話や、変化するプロンプトへの対応に苦慮しており、これが個人的なファイナンシャル・アドバイザーとしての能力をさらに低下させている。

パーソナル・アシスタントとしても、エキスパート・アドバイザーとしても、ChatGPTの想像力は、AI言語モデルの領域で多用途かつ強力なツールとなっている。

AIで想像力が重要な理由

人工知能への依存度が高まる世界において、AIモデルが「想像」し、ペルソナを具現化し、反応を微調整する能力は、興味深い機能であるだけでなく、ゲームチェンジャーなのだ。


OpenAIのChatGPTによって具現化されたこの想像力は、より魅力的で、パーソナライズされた、専門家レベルの対話を可能にし、ユーザーエクスペリエンスを大幅に向上させます。入念な微調整とペルソナの戦略的な実装により、ChatGPTは従来のAI言語モデルの限界を超え、様々な領域の多様な要件に対応できるツールへと進化します。


Google Bardは、それ自体が強力なAIモデルですが、ペルソナ作成の創造的でダイナミックな側面に関しては、その限界が明らかになります。長時間の会話や、変化するプロンプトへの適応性、そして最も重要なことですが、ペルソナを「体現」する能力の欠如が、ChatGPTと比較してその欠点を浮き彫りにしています。


結局のところ、AI言語モデルの未来は、情報処理やタスクの完了だけでなく、創造性、適応性、想像力であることは明らかです。そして、OpenAIのChatGPTが真に輝くのはこれらの分野であり、人工知能の新時代への道を開くものなのです。

ja日本語