企業がソーシャルリスニングにAIを活用する9つの方法

企業がソーシャルリスニングにAIを活用する9つの方法

顧客エンゲージメントは、あらゆる企業の成功にとって重要な要素である。マーケティングで成功するためには、企業はターゲットオーディエンスの声や期待に沿う必要がある。それだけではありません。顧客はソーシャルメディア・プラットフォームでブランドについて語り、その経験を他のユーザーと共有しています。

以下はその一部である。 統計 この文脈を整理する:

75%のオンライン・ユーザーがソーシャルメディアを利用してブランド・リサーチを行っている。
49%の消費者がソーシャルメディア・プラットフォーム上でインフルエンサーの推薦を見ている。
71%の消費者が(ポジティブなブランド体験をした)友人や家族にブランドを薦める可能性が高い。
オンライン・ユーザーがソーシャル・メディア・プラットフォームに費やす時間は毎日約2.5時間

貴重な顧客インサイトを発見し分析するために、AIを搭載したソーシャルリスニングツールはあらゆる組織にとって貴重な資産です。企業がソーシャルリスニングにAI技術をどのように活用できるかを探ってみよう。

センチメント(ポジティブまたはネガティブ)
キーワード抽出
エンティティ抽出(個人、会社、場所、製品)
ハッシュタグ、キャッシュタグ、アカウント / ハンドル抽出
人気指標(いいね、シェア、リツイート/リポスト、インタラクション、ビュー)
メタデータ(著者、日付、出版物)
トピック/コンテンツの分類

企業がソーシャルリスニングにAIを活用する9つの方法

1.ソーシャルメディア情報にコンテクストを加える

ソーシャルメディア・ユーザーは、テキスト、ビデオ、画像といったさまざまなタイプのコンテンツを投稿することで、日々大量のデータを生み出している。AIを搭載したツールは、ソーシャルリスニングとともに、メッセージ、ツイート、投稿から生じる理解不能なデータストリームから貴重な洞察を引き出すことができる。

2.市場調査

効果的な市場調査のために、企業がフォーカス・グループや有料のインタビューで調査したいすべてのトピックについて消費者に話を聞くことは、リソースが限られているため現実的ではない。従来の方法の代わりに、AIを搭載したソーシャル・リスニング・ツールを自然言語処理とともに使えば、何百万ものソーシャルメディアへの投稿やコメントを分析することで、顧客のセンチメントやブランドの認知度を測定することができる。

3.ビジュアル・コンテンツの分析

企業はもはや、ソーシャルメディア・プラットフォーム上のビジュアル・コンテンツ(画像や動画)を無視することはできない。画像認識などのAI技術は、ブランド画像を識別し、ビジュアルコンテンツからブランドに関連する情報や意見を検出することができる。さらに、AIを搭載したツールは、オンライン・プラットフォーム上の自社製品を検出することもできる。

動画だけでなく、AI対応のソーシャルリスニング・ツールは、画像認識とコンピュータ・ビジョンを使って画像を識別することもできる。さらに、投稿された画像の文脈を分析し、その背後にある「感情」を検出することもできる。これは、グラフィックコンテンツを対象としたソーシャルリスニングに関連している。

4.議論のトピックを分類する

AI対応ツールは、ソーシャルメディアの投稿や会話に含まれるキーワードを特定し、さらなる分析のために分類することもできる。例えば、顧客の苦情、製品の問題、フィードバックやフォローアップのための技術サポートなどのカテゴリーでキーワードを正確にタグ付けすることができる。

5.顧客との交流を活用する

企業はまた、ソーシャルメディア・プラットフォームの人気を活用して、顧客と接触(またはエンゲージメント)している。ブランドは、カスタマーサポートをソーシャルメディアリスニングと統合することが増えている。例えば、ソーシャルメディアのページにAIを搭載したチャットボットが登場し、顧客体験に変化をもたらしている。AIを搭載したソーシャル・リスニング・ツールは、カスタマーサービス担当者が対応するために顧客の問題にフラグを立てることができ、そのような対話が適切に処理されれば、企業は無料で肯定的な報道を獲得することができる。

6.顧客の感情を分析する

AIを搭載したソーシャルリスニングツールを使用することで、企業はソーシャルメディアチャンネルから貴重な顧客インサイトを抽出することができる。これは、キーワード、ブランドに関する言及や会話、業界のトレンドを監視することによって行われる。これは、企業が特定のブランドや製品に関する顧客のセンチメントを測定するのに役立つ。

7.ブランドの危機を察知する

企業はAI技術を活用することで、ブランド関連の危機が手に負えない大惨事に発展する前に察知することができる。例えば、AIモデルは「詐欺」、「攻撃的」、「品質が悪い」などの言葉を検出するように訓練され、関係者にリアルタイムでアラートを送ることができる。

8.競合他社および業界調査

ソーシャルメディア・プラットフォームは、企業が競合他社の動向を調査するための貴重なリソースだ。例えば、AIを活用したツールは、新製品の発売や、製品やサービスに対する消費者の声をモニターすることができる。これにより、企業はフィードバックや抽出されたインサイトを活用し、製品やサービスを改善することができる。

9.消費者がブランドをどのように認識しているかを測定・検証する

AIを搭載したソーシャルリスニング・ツールは、ソーシャルメディア・チャンネルにおける業界のトレンドも、あなたのブランドに対する市場の認識とともに把握することができます。その結果を分析することで、何がブランドにとって有効なのか(あるいは有効でないのか)を判断することができる。ブランド認知を理解することで、企業は肯定的な顧客体験から潜在的なマーケティングメッセージを特定することができ、また製品に関連する問題、不足している機能、新製品を発売する必要性も特定することができる。

結論

ソーシャル・メディア・プラットフォームは、企業がコミュニティ(顧客ベース)と交流するための貴重なリソースであり、顧客が自社の製品やサービスについてどう考えているかというコンテキストによって支援される。人工知能を搭載したソーシャル・リスニング・ツールは、従来のマーケティング代理店が提供できるよりも早く、企業が消費者と直接関わり、文脈と理解を深める力を与えることができる。何百万ものソーシャルメディアへの投稿を処理することで、AI対応ソーシャルリスニングツールは、顧客の感情、ブランドの認識、顧客の期待を簡単に特定することができる。

アイデアについて話し合おう

    関連記事

    • アイエージェント

      企業は、業務を合理化し、生産性を高め、競争優位性を維持するための革新的なソリューションを常に求めているはずです。AIが進歩し続ける中、AIエージェントは驚くべき可能性を秘めた変革の力として台頭してきました。これらのインテリジェント・エージェントは

      未分類
    • エージェント型ワークフロー 2

      反復的なタスクの自動化やワークフローの合理化から、意思決定の強化や顧客体験の向上まで、AIエージェントはビジネスのあり方を変えつつある。しかし、AIエージェントの導入に正面から取り組む前に、企業は以下を慎重に評価することが重要です。

      未分類
    • エージェント型ワークフロー 3

      AIの分野で最もエキサイティングな進展のひとつは、エージェント型ワークフローの台頭である。この新しいパラダイムは、AIエージェントと大規模な言語モデルのパワーを活用し、これまでにない効率性と柔軟性をもって複雑なビジネスプロセスに取り組むものである。

      LLM / NLP

    ビジネスを加速させる準備

    行こう
    トーク
    ja日本語