機械学習の種類

機械学習は急速に発展している分野であり、医療から金融、製造まで、多くの業界を変革する可能性を秘めている。機械学習の核となるのは、主に4種類の学習技術である: 教師あり学習、教師なし学習、半教師あり学習、 そして 強化学習.

これらのアプローチにはそれぞれ長所と短所があり、人工知能(AI)ソリューションの導入を成功させるには、その仕組みを理解することが極めて重要である。

*機械学習に関するこのブログに飛び込む前に、AIとMLの違いを学ぶために、AIとMLの違いに関する記事を必ずチェックしてください。


教師あり学習

教師あり学習は機械学習の一種で、アルゴリズムはラベル付けされたデータセットで学習される。つまり、入力データはすでに人間によって分類またはラベル付けされており、アルゴリズムはこのラベル付けされたデータに基づいて予測を行うことを学習する。教師あり学習では、アルゴリズムは入力データと対応する出力データの両方を与えられ、この情報を使って両者の間のマッピング関数を学習する。

教師あり学習の最も一般的な応用の1つは分類である。分類では、アルゴリズムは入力データ点がどのカテゴリーに属するかを予測するように学習される。例えば、教師あり学習アルゴリズムは、猫と犬の画像のデータセットで学習することができる。一度訓練されると、アルゴリズムは新しい画像を取り込み、それが猫か犬かを予測することができる。

教師あり学習のもう一つの一般的な応用は回帰である。回帰では、アルゴリズムは入力データに基づいて連続的な数値出力を予測するように訓練される。例えば、教師あり学習アルゴリズムは、家の大きさ、寝室の数、場所などの情報を含む家の価格のデータセットで学習することができる。そして、アルゴリズムはこれらの特徴に基づいて新しい家の価格を予測するように学習する。


教師なし学習

教師なし学習は機械学習のもう一つの一般的なタイプであり、教師あり学習とは異なり、アルゴリズムはラベルのないデータセットで学習される。教師なし学習では、アルゴリズムに出力や入力データのラベルに関する情報は与えられない。その代わりに、アルゴリズムが自らデータのパターンや構造を識別することを学習する。

教師なし学習の最も一般的な応用例の1つがクラスタリングである。クラスタリング・アルゴリズムは、データ・ラベルに関する事前の知識なしに、その特徴に基づいて類似のデータ・ポイントをグループ化する。これは、企業が購買習慣やその他の行動に基づいて顧客をグループ化したいような、顧客セグメンテーションのようなタスクに有用である。

教師なし学習のもう一つの応用は、次元削減である。次元削減アルゴリズムは、元の情報をできるだけ保持しながら、データセットの特徴数を削減するために使用される。これは画像認識や音声認識など、入力データが高次元で処理が困難なタスクに有効である。

半教師付き学習

半教師あり学習に関しては、教師あり学習と教師なし学習の両方のテクニックを組み合わせたものである。アルゴリズムは、ラベル付けされたデータとラベル付けされていないデータの両方を含むデータセットで学習される。

ラベル付けされたデータは、教師ありの方法でアルゴリズムを訓練するために使用され、ラベル付けされていないデータは、アルゴリズムがデータの根本的な構造についてより多くを学ぶのを助けるために使用される。半教師あり学習の背後にある考え方は、ラベルなしデータをアルゴリズムの精度と汎化能力を向上させるために使用できるということである。

半教師あり学習は、自然言語処理(NLP)でよく使われる。NLPは、コンピュータサイエンスとAIの分野で、機械が人間と同じように書き言葉や話し言葉を理解できるようにすることに焦点を当てている。言語モデルは通常、大量のラベルなしテキストデータで学習され、テキスト分類や言語翻訳などのタスクの精度を向上させるために使用される。

半教師あり学習は、画像認識や音声認識のような、ラベル付きデータの量が限られていたり、取得にコストがかかったりするタスクにも使用できる。利用可能なラベルなしデータを活用することで、アルゴリズムは手元のタスクのパフォーマンスを向上させることができる。

強化学習

機械学習の最後の主要なタイプは強化学習で、エージェントが環境との相互作用によって意思決定を行うことを学習する。強化学習では、エージェントは環境で行動を起こし、報酬や罰という形でフィードバックを受け取る。エージェントの目標は、長期的な報酬を最大化する方法を学習することである。

強化学習の最大の応用はロボット工学の分野で、エージェントが物理的なロボットを制御してタスクを実行することを学習できる。エージェントは、ロボットの腕や脚を動かすなど、環境内で行動を起こし、そのタスクの実行状況に応じて報酬やペナルティの形でフィードバックを受け取る。

強化学習はゲームやシミュレーションにも利用でき、エージェントはゲームのプレイや仮想環境のナビゲーションを学習することができる。例えば、強化学習は、アタリゲームや囲碁のようなビデオゲームをプレイするエージェントを訓練するために使用されている。

強化学習が有望視されているもうひとつの分野はヘルスケアで、さまざまな病気の治療法を最適化するために利用できる。エージェントは、患者のデータに基づいて治療の決定を下すことを学習し、患者の転帰という形でフィードバックを受け取ることができる。

産業の変革

機械学習は急速に発展している分野であり、ほぼすべての業界を変革し、最も複雑な問題を解決する可能性を秘めています。教師あり学習、教師なし学習、半教師あり学習、強化学習など、さまざまなタイプの機械学習を理解することで、私たちは限界を押し広げ、データ主導の世界にインパクトを与え続けることができます。

ja日本語