プロンプト・エンジニアリングとは?

近年、人工知能(AI)は大きな成長を遂げ、自然言語処理(NLP)から画像認識まで、さまざまなアプリケーションに組み込まれている。AIのさまざまな側面の中でも、特に興味深い分野のひとつが "プロンプト・エンジニアリング "である。この学問分野は、生成AIシステムが所望のアウトプット(生成された作品)を作成する際に効果的に導くインプット(プロンプト工学)の設計に焦点を当てている。

プロンプト・エンジニアリングを理解する

プロンプトエンジニアリングはAIのサブフィールドであり、AIシステム、特にNLPに基づくシステムのための効率的かつ効果的なプロンプトの開発を扱う。プロンプトとは、AIシステムの応答を誘導したり、特定の出力を生成したりするために与えられる問い合わせや入力のことである。要するに、プロンプトエンジニアリングとは、AIシステムから最も正確で適切かつ有用な出力を得るために、これらの入力を細工する芸術と科学のことである。


この学問分野は、大規模言語モデルの台頭とともに注目を集めている。 ジェネレーティブAI OpenAIのGPTシリーズのようなシステム。これらのモデルがより洗練され、能力を発揮するようになるにつれ、様々な用途に適したプロンプトを理解し、設計することの重要性がますます高まっています。プロンプトエンジニアリングをマスターすることで、AIシステムの開発者とユーザーは、これらの強力なツールの可能性を最大限に引き出すことができます。

プロンプト・エンジニアリングのレシピ:成功のための材料、ツール、タイミング

AIシステムの成功には、効果的なプロンプトを作成するための適切な「レシピ」を見つけることが不可欠である。効果的なプロンプトを作成するための適切な「レシピ」を見つけることは、AIシステムの成功に不可欠である。料理と同じように、材料(言葉)、調理器具(テクニック)、タイミング(指示の順序)が結果を左右する重要な役割を果たす。プロンプト・エンジニアリングの分野が進化し続けるにつれて、プロンプトの「レシピ本」が登場し、プロンプト・エンジニアの専門家が企業の生産性向上のコンサルティングに雇われるようになるかもしれない。

食材正しい言葉の選択

プロンプトで使用される単語は、正確で適切なAI応答を生成するための重要な要素として機能します。適切な単語を選択することは、ChatGPTのような大規模な言語モデルに文脈の手がかりを与え、出力を構造化することです。AIシステムにコンテキストを説明するには、その能力と、ユーザーの望む結果に関する各コンテキストの手がかりにシステムが反応する方法の種類を理解することが必要です。専門のプロンプトエンジニアは、AIシステムが理解し、最も適切な応答を生成できるように、プロンプトの言い回し、文脈、具体性に細心の注意を払っています。

道具:効果的なプロンプトを作るテクニック

プロンプトエンジニアリングのテクニックは、プロンプトを形作り、洗練させるための「調理器具」の役割を果たす。コンテキストの提供、複雑なクエリの分解、制約の適用などのテクニックにより、プロンプトエンジニアはAIシステムをより効果的に導くことができる。この分野が進歩するにつれて、より洗練された技術が登場し、AIシステムの性能をさらに高めることになるだろう。

タイミングと順序:プロンプトの順番をマスターする

料理がタイミングに細心の注意を払う必要があるように、プロンプト・エンジニアリングでは、プロンプトの順番や順序に熟考を重ねる必要がある。プロンプトがAIシステムに提示される順序は、AIシステムが希望する出力を効率的に処理して生成する能力に大きな影響を与える可能性がある。これは、システムの応答長や計算リソースの制限により応答が制約される可能性のある、大規模な言語モデルを扱う場合に特に重要である。

適切なバランスをとるために、プロンプトエンジニアは、最も効果的なプロンプトの順序を見つけるために、繰り返し調整と実験を行う必要があるかもしれない。たとえば、詳細な回答を生成する場合、まずAIシステムに概要や要約を求め、その後に各セクションを1つずつ拡大する個別のプロンプトを出す方が効率的かもしれない。このアプローチにより、AIシステムは全体の構造を明確に理解し、各セクションの詳細な内容の生成に集中することができます。

一方、情報の要約や凝縮を目的とする場合は、プロンプトの順序が逆になるかもしれない。この場合、AIシステムにはまず詳細な内容が提供され、その後に、最も重要なポイントを抽出して簡潔な要約にまとめるよう誘導するプロンプトが続く。

レシピ本と専門家によるコンサルティング

プロンプト・エンジニアリングが成熟するにつれ、さまざまなドメインやアプリケーションに効果的なプロンプトを集めた「レシピブック」が購入できるようになるだろう。これらのリソースは、AIシステムを最適化しようとしている開発者やユーザーにとって、貴重な指針となるだろう。

このような貴重な知的財産の出現に伴い、プロンプト・シークエンスや「レシピ」の著作権保護をめぐる問題も当然生じる。

著作権法は一般に、文学、演劇、音楽、芸術、その他特定の知的著作物を含む独創的な著作物を保護する。プロンプトエンジニアリングの文脈では、一連のプロンプトまたは「レシピ」は、独創性や創造性などの特定の基準を満たせば、著作権保護の対象となる可能性がある。

一連のプロンプトまたは「レシピ」がユニークで創造的な表現と見なされる場合、著作権による保護の対象となる可能性があります。これにより、著作権者は、著作物を複製、頒布、上演、展示、および著作物に基づく二次的著作物を作成する排他的な権利を付与される。また、他者によるプロンプトシーケンスの無許可の使用やコピーに対して法的手段を提供することもできる。

しかし、著作権による保護はアイデア、概念、または方法には及ばない可能性があり、プロンプト・エンジニアリングの特定の側面に対する保護の範囲が制限される可能性がある。同時に、プロンプトシーケンスに対する著作権保護の現実的な実施は、AI技術が急速に発展していることや、類似のプロンプトシーケンスが他者によって独自に開発される可能性があることから、困難である可能性がある。

迅速なエンジニアリングの重要性パフォーマンス、効率性、ユーザー・エクスペリエンス

プロンプトエンジニアリングは、AIシステムのパフォーマンス、コストと時間の効率、ユーザーエクスペリエンス、異なるドメインへの適応性を高める上で重要な役割を果たす。よく練られたプロンプトは、AIシステムのパフォーマンスに直接影響し、正確で適切な、文脈に応じた応答を生成するようAIシステムを導く。逆に、プロンプトの設計が不十分だと、あいまいな出力や誤った出力につながり、システム全体の有用性が低下する。

AIシステム、特に大規模な言語モデルに基づくシステムは、実行に計算コストがかかります。プロンプトエンジニアリングは、目的の出力を得るために必要な試行回数や反復回数を減らし、貴重な時間と計算リソースを節約するのに役立ちます。この効率化は、高品質の結果を維持しながらAIシステムの使用を合理化するため、開発者とユーザーにとって同様に不可欠です。

AIシステムが日常的なアプリケーションに普及するにつれ、シームレスなユーザー体験を提供することが最も重要になっている。プロンプトエンジニアリング技術を採用することで、開発者はAIシステムが正確なだけでなく、エンドユーザーにとって魅力的で文脈に適した応答を生成することを保証できる。これにより、ユーザーの満足度が向上し、さまざまな業界でAI主導型ソリューションのさらなる導入が促進される。

プロンプト・エンジニアリングはまた、AIシステムが異なるドメインやユースケースにより適応することを可能にする。プロンプトをカスタマイズすることで、ユーザーはAIシステムの応答を特定の業界、アプリケーション、またはユーザー要件に合わせることができ、システム全体の実用性を高めることができる。この適応性は、ヘルスケアや金融から教育やエンターテインメントに至るまで、多様な分野でAI技術を活用するために不可欠である。

プロンプト・エンジニアとは?

このようなAIシステムの台頭は、次のような変化をもたらしている。 新役職プロンプトエンジニアプロンプトエンジニアとは、AIシステムのプロンプトの設計と最適化を専門とするプロフェッショナルのことです。プロンプトエンジニアは、AI、NLP、言語学、ドメイン固有の知識などの専門知識を含むユニークなスキルの組み合わせを持っています。プロンプトエンジニアの主な仕事は、AIシステムが正確かつ適切で、文脈に沿った適切な応答を生成できるようにプロンプトを作成し、改良することです。

プロンプトのエンジニアは、いくつかの重要な仕事を担当している:

  • プロンプトのデザインと開発 プロンプトエンジニアは、AIシステムが望ましい出力を生成するよう効果的にガイドするプロンプトを設計・開発します。これには、システムの機能、アプリケーションの要件、エンドユーザーのニーズを理解し、正確で適切かつ有用な応答をもたらす入力を作成することが含まれます。

    AIシステムの応答を評価し、テストする: その役割の一環として、プロンプトエンジニアはAIシステムの応答を評価およびテストし、生成された出力が望ましい品質基準を満たしていることを確認します。応答の正確さ、関連性、トーン、適切さを評価し、システムのパフォーマンスを向上させるためのフィードバックやプロンプトの調整に関する推奨事項を提供します。


  • AIシステムのパフォーマンスを最適化する: プロンプトエンジニアは、プロンプトを改良・最適化することで、AIシステムのパフォーマンス向上に貢献する。さまざまなプロンプトに対するシステムの反応を分析し、改善すべき点を特定し、プロンプトを反復的に調整してアウトプットの質を高める。

    ユーザーサポートとトレーニングの提供 プロンプトエンジニアは、エンドユーザーがAIシステムと効果的に対話する方法を理解できるように、ユーザーサポートやトレーニングを提供することも担当する。これには、プロンプトを作成するためのベストプラクティスを共有したり、ユーザーの懸念に対処したり、ユーザーの要件に基づいてAIシステムのパフォーマンスを最適化するためのガイダンスを提供したりすることも含まれる。

  • AI研究者・開発者とのコラボレーション:プロンプト・エンジニアは、AI研究者、開発者、エンドユーザーと密接に協力し、AIシステムとうまく機能するプロンプト・エンジニアリング技術を構築します。このコラボレーションにより、AIシステムがよく練られたプロンプトを受け入れるように設計され、最終的に全体的なパフォーマンスとユーザー体験を向上させることができます。

    業界の動向を先取りする:AIシステムと自然言語処理技術が急速に進化する中、プロンプト・エンジニアは、この分野における最新の進歩、技術、ツールを常に把握しておく必要があります。常に情報を得ることで、プロンプト・エンジニアリング戦略が効果的であり続け、扱うAIシステムに適切であることを保証することができます。

  • ドメインに特化した研究を行う: プロンプトエンジニアは、プロンプトを設計する特定のドメインや業界に精通する必要があります。このような分野特有の研究は、AIシステムから正確で意味のある回答を引き出す効果的なプロンプトを作成するために必要なニュアンス、用語、およびコンテキストを理解するのに役立ちます。

  • AIシステムの応答を評価し、テストする: その役割の一環として、プロンプトエンジニアはAIシステムの応答を評価およびテストし、生成された出力が望ましい品質基準を満たしていることを確認します。応答の正確さ、関連性、トーン、適切さを評価し、システムのパフォーマンスを向上させるためのフィードバックやプロンプトの調整に関する推奨事項を提供します。

急成長するエンジニアの給与

ChatGPTのような生成的なAIツールの出現は、AIチャットボットのための質問と散文を作成し、その応答をテストし、改善するプロンプトエンジニアの需要を生み出しています。これらの職種は、最高$335,000の給与を提供することができ、必ずしも技術分野の学位を必要としない。例えば アンソロピックAIの安全性と研究会社である同社は、「プロンプト・エンジニア兼ライブラリアン」の募集を行っており、給与範囲は$175,000~$335,000となっている。 ブルームバーグ.

OpenAIのCEOであるサム・アルトマンは、チャットボット・ペルソナのためのプロンプト・ライティングを "驚くほどレバレッジの高いスキル "と呼び、プロンプト・エンジニアの重要性を表明している。プロンプト・エンジニアの多くは、文章や文学のバックグラウンドを持ち、創造性と分析的思考を融合させている。

プロンプトエンジニアの市場は拡大しており、次のようなプラットフォームがある。 プロンプトベース プロンプトエンジニアやプロンプトを販売するエンジニアを雇うことができる。しかし、高収入の職務のほとんどは、技術に特化した分野でより多くの経験と高等教育を必要とする。人材紹介会社ヘイズのマーク・スタンデンによると、プロンプト・エンジニアの専門家は$250,000から$375,000程度の給与を要求することができる。

技術者の入社プロセスを変える

プロンプト・エンジニアリングは、熟練したプロンプト・エンジニアの需要が高まるにつれて、特にIT分野における企業の従業員採用方法に革命をもたらそうとしている。AIを活用したシステムがさまざまな業界で普及し続ける中、巧みなプロンプトを通じてこれらのシステムと効果的にコミュニケーションする能力は、ITプロフェッショナルにとって不可欠なスキルとなるでしょう。その結果、企業はプロンプトエンジニアの専門知識を持つ候補者を優先的に採用するよう、採用戦略を適応させる必要があるでしょう。

IT分野では従来、技術的な知識が採用決定の主な要因となってきた。しかし、プロンプト・エンジニアリングの台頭により、ユニークなスキルの組み合わせが求められるようになる。これには、AI、NLP、言語学、ドメイン固有の知識などの専門知識が含まれる。プロンプト・エンジニアリングがAI主導型ソリューションの成功に不可欠になるにつれ、雇用主はますます、これらの分野に熟練していることを証明できる候補者を優先するようになるだろう。

プロンプト・エンジニアリングのスキルが重視されるようになると、IT プロフェッショナルの育成・教育方法にも変化が生じると思われます。大学や研修機関は、プロンプト・エンジニアリングに特化したコースやプログラムを開発し、この新興分野で活躍するために必要なスキルを学生に身につけさせる必要が出てくるかもしれない。その結果、企業はそうしたプログラムを修了した人材や、プロンプト・エンジニアリングの関連資格を持つ人材を求めるようになるかもしれない。

企業は、正式な教育に加えて、プロンプト・エンジニアリングにおける実務経験と実績も重視する。この場合、実践的なプロジェクトやケーススタディを通じてプロンプトエンジニアリングのスキルを実証する能力に基づいて候補者を評価することも考えられる。また、プロンプトエンジニアリングの分野が進化し続ける中、採用担当者は、AIにおける最新の進歩、技術、ツールに適応し、常に最新であることを証明できる候補者を求めるかもしれない。

プロンプト・エンジニアリングでAIの力を活用する

プロンプト・エンジニアリングは、AIシステムの能力を最大限に引き出すための重要な要素として浮上してきた。AI技術がより洗練され、さまざまな業界に統合されるにつれ、これらのシステムと効果的にコミュニケーションを取り、その応答を洗練させることができる熟練したプロンプト・エンジニアの必要性が飛躍的に高まっています。プロンプト・エンジニアは、AIシステムのパフォーマンスを最適化する上で重要な役割を果たし、エラーの発生を最小限に抑えながら、正確で適切な情報を提供できるようにします。プロンプト・エンジニアの専門知識は、AI主導型ソリューションの全体的な効率化に貢献し、企業にとってもエンドユーザーにとっても、コスト削減と成果の向上につながります。

プロンプト・エンジニアリングのインパクトは、システムのパフォーマンスだけでなく、魅力的なユーザー体験の形成にまで及ぶ。パーソナルアシスタントから顧客サービスのチャットボットまで、AIシステムが日常生活に浸透するにつれ、直感的でユーザーフレンドリーなインタラクションを作成するプロンプトエンジニアの能力は、普及と満足のために非常に重要になります。優れたデザインのプロンプトを作成し、AIの応答を洗練させることで、プロンプト・エンジニアは、複雑なAIテクノロジーと日常的なユーザーとの間のギャップを埋める手助けをし、これらの強力なツールが幅広いユーザーにとって利用しやすく有益なものになるようにします。この進化する状況において、プロンプト・エンジニアの専門知識とスキルは、AIシステムの可能性を最大限に引き出し、人間とAIのインタラクションの未来を形作るために不可欠であり続けるだろう。

ja日本語