ChatGPTの独自アセスメントが示す、WebPilotのようなウェブアクセスプラグインの改善方法

急速に進化するテクノロジー・エコシステムにおいて、Open AIの人工知能(AI)イノベーションは常に達成可能なことの限界を押し広げている。このような進歩には、慎重なナビゲーションを必要とする複雑な課題が伴います。 ジェネレーティブAI WebPilotのようなChatGPTや関連するウェブアクセスプラグインのような技術は、この発見と複雑さの交差点に位置しています。

ChatGPTのウェブブラウジングとウェブパイロットのパフォーマンス評価

ChatGPTへのウェブブラウジング属性とプラグインの統合は、エキサイティングなブレークスルーを意味します。しかし、これらのツールの性能は、特にChatGPT Plusのベータ版では、様々な結果をもたらしました。ユーザーは、ウェブブラウジング機能を利用するか、ChatGPTプラグインを利用するかの選択を迫られ、両方を同時に利用することはできず、本質的な制限を意味します。



ウェブ閲覧機能は、特定のテーマを調査する上で可能性を示すが、欠点がないわけではない。プロンプトの送信後、モデルはウェブを探索し、検索結果を作成し、リンクをクリックし、調査結果を凝縮する。正確な検索クエリを生成する優れた能力にもかかわらず、この機能には、「クリック失敗」通知の繰り返し、要約の正確性の不一致、提供されたプロンプトと無関係な回答の時折などの顕著な課題があります。


ChatGPTのプラグイン ウェブパイロット 当初は有望に見え、しばしば標準的なブラウジング機能を凌駕する。しかし、それでも圧倒的なユーザー体験を提供することができる。プラグインストア自体は、体系的な構造や特定のプラグインを見つけるための検索ボックスを欠いており、無秩序に見える。ユーザーは同時に最大3つのプラグインを有効にすることができるが、これはクエリに応答する際にモデルがこれらのプラグインを活用することを保証するものではない。さらに、プラグインは問題解決に手間取り、不正確な回答や無関係な回答を頻繁に提供する。

ChatGPTによるWebPilotの自己評価

最近、ChatGPTはWebPilotプラグインのパフォーマンスについて率直なレビューを行い、非効率な部分や改善の可能性を強調しました。




プラグインによる逐次的なページ解析は、特にページ数の多いウェブサイトにおける主要な懸念事項として浮上した。並列処理に移行することで、複数のページを同時に分析できるようになり、分析速度が大幅に向上する可能性がある。




ChatGPTはまた、ウェブページのロード時間についても懸念を示した。マルチメディアが豊富なサイトでは、サイト分析期間に影響する可能性があります。したがって、SEO分析に不可欠な要素のみをプラグインが読み込むようにするアップデートが、この問題を軽減する可能性があります。




さらにChatGPTは、ユーザーとの対話やその他の要因に基づいて頻繁に変化する動的なWebサイトのコンテンツを管理することの難しさを指摘しました。現状では、WebPilot はこの動的コンテンツを十分に理解できない可能性があり、SEO 分析の精度に影響を与える可能性があります。この分野を強化することで、分析の質が大幅に向上する可能性があります。




エラー処理も強調された問題のひとつです。現在、ページの読み込みに失敗したり、分析中にエラーが発生した場合、プラグインはプロセス全体を停止する可能性がある。より弾力的なエラー処理メカニズムがあれば、プラグインは問題のあるページを迂回し、残りの分析を進めることができる。



最後にChatGPTは、現在のサイトマップ検索・解析手法がボトルネックになる可能性があると指摘した。ウェブサイトによっては複雑なサイトマップ構造や複数のサイトマップファイルがあり、最初の検索プロセスが遅くなります。プラグインがサイトマップを解析して処理する方法を改善することで、このプロセスを迅速化し、全体的な効率を高めることができます。



ChatGPTの評価では、WebPilotプラグインの現在の限界について鋭い認識を示しました。提案された潜在的な改善点は、プラグインの将来の発展の有望な兆候です。

WebPilotとプロンプト・インジェクション問題

ChatGPTプラグインは、ユーザーとのインタラクションを強化し、ウェブページの要約やフライト予約などのタスクを可能にすることを目的としている。しかし、最近の試験で、これらのプラグイン、特にWebPilotプラグインの脆弱性が露呈しました。


ウェブコンテンツを簡潔に要約する能力で知られるウェブパイロットが、最近、データプライバシーに関する懸念の中心にあることがわかった。セキュリティ研究者のヨハン・レーバーガーである、 WebPilotは、要約しているページのテキストからプロンプトを吸収できることを発見した。.これらのプロンプトは、うっかり別のプラグインを有効にしてしまう可能性がある。


*LLMにおけるプロンプトの役割についてもっと知りたい方は、以下をご覧ください。 ブログ.


レーバーガー氏はライブ・デモンストレーションで、コピーした記事にプロンプトを挿入し、シアトルからハワイへのフライトを検索するようボットに命じた。記事のURLを要約するようリクエストすると、WebPilotは正確な要約を作成するだけでなく、旅行計画に関するパラグラフも追加した。さらに許可を求めることなく、ボットはエクスペディアのプラグインを起動し、フライトの提案を行った。

プロンプト・インジェクション新たなセキュリティの脅威

レーベルガーが作成したシナリオは、"プロンプト・インジェクション攻撃 "を例証している。この種の攻撃は、ウェブページ上の隠された指示や改ざんされたトランスクリプトなどの外部プロンプトが、あるプラグインによって消費され、別のプラグインの予期せぬ起動につながることで起こる。不安なのは、このプロセスがユーザーの明示的な同意なしに行われることだ。


レーベルガーのデモでは、影響は比較的軽微であった。エクスペディアのプラグインは単にフライトを提案するだけであり、それ以上に進むにはユーザーの関与が必要であった。しかし、私たちが前に進むにつれて、その意味を考えてみてください。プラグインの中には、現在も将来も、電子メールや銀行口座などの機密情報にアクセスするものがあるかもしれない。そのような場合、被害を受ける可能性はかなり大きくなる。

前向きに

パフォーマンスとセキュリティの問題を考えると、WebPilotのようなChatGPTプラグインにはまだ改善の余地がかなりあることがわかる。シームレスに統合されたAIへの探求は進行中であり、この分野で有意義な進歩を遂げるためには、これらの課題を特定し、精査し、取り組むことが不可欠である。これらのツールの改良に向けたその後のステップでは、これらの問題に集中的に注意を払うことが必要であり、ユーザーエクスペリエンスとウェブアクセシビリティを優先した、より安全で信頼性の高い実用的なAIソリューションにつながる。

ja日本語