AIが生成したコンテンツの権利は誰のものか?

目まぐるしく変化するデジタル・イノベーションの世界では、差し迫った問題が絶えず表面化し、私たちの現状認識を覆す。そのような問題のひとつが、著作権法と人工知能の交差点にある。OpenAIの有名なシステムChatGPTのような生成AIプラットフォームがより高度になり、普及するにつれ、既存の法的構造の枠を押し広げるような新たな複雑性が生じている。人間のようなコンテンツを作成する能力を持つこれらのプラットフォームは、AIが生成した作品に対する現行の著作権法の適用可能性に疑問を投げかけ、私たちの法制度がこの新しい現実に対処する準備ができているかどうかを検討するよう私たちに促している。

生成AIを理解する

目の前の問題を把握するには、生成AIを理解する必要がある。ChatGPTのようなシステムは、この技術を象徴している。膨大な量のデータを取り込み分析することで、これらのシステムはパターン、構造、概念を識別し、テキストや画像から音楽に至るまで、斬新なアウトプットを生み出す。このようなプラットフォームが持つ意味は計り知れないが、その主な理由は、人間の基本的な特性である創造性に触れるからである。

私たちのブログでジェネレーティブAIをより深く掘り下げましょう:"ジェネレーティブAIとは."

ジェネレーティブAIと著作権の交差点

ジェネレーティブAIと著作権の交わりは、複雑なパズルを解き明かす。学習プロセスにおいて、生成AIモデルはしばしば著作権で保護された素材を大量に消費する。例えば、アップロード者が共有する権利を持っているかどうかにかかわらず、インターネット上に投稿されたあらゆるファイルにアクセスすることができる。また、再投稿された記事、著作権で保護されたレポート、アートワークのバリエーション、ビデオのBGMなど、多くのものを利用する。その結果、他人が作成したアートが、これらのモデルのトレーニングに使われるようになっている。その結果、状況がいかに複雑になっているかがわかる。

この素材は、彼らのアウトプットを形成するための基盤として機能するため、適切な疑問が生じる:著作権で保護されたコンテンツに学習させたAIモデルによるオリジナルの出力は、著作権侵害となるのか?

著作権に関する最近の画期的な出来事として、米国著作権局が次のように発表した。 AIが生成したアートは著作権保護の対象ではないと判断.この決定は、創造性、作家性、そしてこれらの概念がAI時代にどのように適応する必要があるかについてのさらなる議論を促すものである。

法的課題と論争

法的な議論と挑戦は、著作権法における重大な転換となりそうなことを予感させている。アーティストたちは最近、AIシステムのクリエイターやハイテク企業に対し、自分たちの作品がAIモデルの訓練に不当に使用されたとして訴訟を起こしている。

注目すべきケースは 集団訴訟 OpenAI、GitHub、マイクロソフトに対するもの。原告側は、これらの企業がコーダーの著作権を侵害したと主張している。さらに、有名な画像ライセンス会社であるゲッティイメージズ、 はStability AIに対して法的手続きを開始した。を非難した。

フェアユース、AI、そして今後の最高裁判例

現在進行中の法的論争の中心は、所有者の許可なく著作物を限定的に使用することを認める法理であるフェアユースの概念である。重要な裁判が連邦最高裁判所で判決を待っている、 アンディ・ウォーホル財団対ゴールドスミス事件.

この裁判では、ウォーホルが著作権のある写真を変形的に使用したことがフェアユースにあたるかどうかが問われている。裁判所の判断は、特に著作権で保護された作品を基に学習させたAIモデルにとって、広範囲に影響を及ぼす判例となる可能性がある。

AIと著作権に関するEUのスタンス

米国がこのような複雑な問題に取り組んでいる中、欧州連合(EU)はこの問題に積極的に取り組んでいる。EUは AI法これは、AIを管理する世界初の包括的な法律を制定する可能性がある。

同法は、リスクレベルに基づいてAIツールを分類し、生成AIプラットフォームを使用する企業に透明性を求めている。ChatGPTのようなツールを導入する企業は、システム開発中に使用された著作権で保護された素材を開示する必要がある。この動きは、AI開発における透明性へのシフトを示すものであり、トレーニングのために著作権保護された素材を使用することを全面的に禁止することなく、規制を目指すものである。

適応型LLMの可能性

このような法的・倫理的な複雑さの中で、私たちは、フリーでクリエイティブ・コモンズ・ライセンスされた情報のみに基づく大規模言語モデル(LLM)の適応と使用という、ユニークな機会を見出すことができる。AIのトレーニングのために膨大な量のフリーでオープンソースのコンテンツが利用可能であることは、生成的AIの開発を可能にしながらも、著作権に関する懸念を和らげる可能性を秘めている。

これらの適合されたLLMは、著作権法を尊重しながらも、価値ある人間のようなコンテンツ生成を提供する、新しいタイプのAIモデルとして機能することができる。フリーおよびクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの情報を使用することに加え、私的なLLMは、所有権や機密情報の摂取を避けるために、追加の制約や「ガードレール」を用いて訓練することができる。このソリューションは、企業にAIを安全に利用する方法を提供し、自社の情報の機密性を確保すると同時に、著作権侵害に絡む潜在的な法的問題を回避する。

このようなアプローチは、AIのプロバイダーとエンドユーザーを潜在的な法的障害から保護するだけでなく、オープンソースで自由に利用できるコンテンツの利用と成長を促進する。この戦略は、AI技術を活用しようとする企業にとって、AIの力と著作権法の原則を結びつける具体的な解決策を提示するものである。

このトピックについては、次回のブログ記事でさらに掘り下げていきたい、 "ジェネレーティブAI時代の著作権リスクをどのように軽減できるか?"

AIと著作権の未来を描く

このような未知の法的水域を横断する中で、EUのAI法の草案、訴訟の高まり、そして今後の最高裁の裁判は、著作権法とジェネレーティブAIをめぐる対話が始まったばかりであることを思い起こさせる。

この会話は極めて重要であり、AIの時代における著作者、創造性、知的財産権に対する理解を批判的に再検討するよう私たちに迫っている。AIと著作権法の交錯は課題を提示するが、同時に、変化する現実に対応するために法的枠組みを適応させ、進化させる機会も提供してくれる。

この新しい現実に適応するためには、継続的な対話、しっかりとした法整備、そして進化するAIランドスケープへの注意が必要である。私たち全員が常に情報を入手し、私たちのデジタルの未来を形作るこの会話に積極的に参加することが重要です。こうした複雑な法的・倫理的問題を乗り越えていく中で、ひとつだけ明らかなことがある。

ja日本語