2024年の消費者と労働力に関するAI統計トップ10

2024年、人工知能(AI)は変革の旅を続け、私たちの日常生活や仕事の様々な側面を再構築する。このブログでは、消費者の態度や労働力のダイナミクスを浮き彫りにする10の重要な統計を通じて、AIの影響の複雑さを解明することを目的とする。AIを活用したビジネスに対する消費者の信頼、コンテンツ制作におけるAIの役割、そしてAIが雇用に及ぼす潜在的な影響に関する広範な懸念について探ります。

私たちの旅は、雇用創出におけるAIの役割、専門分野におけるAIの需要の高まり、特に製造業におけるAIの顕著な経済的影響力にも及んでいる。さらに、音声検索のような日常的な活動へのAIの統合を検証し、そのユビキタス性の高まりを強調する。この調査は、現在のAIの状況のスナップショットを提供するだけでなく、将来の軌跡と社会的影響についての洞察も提供する。

AIの統計については、他のブログもご覧ください:

2024年に向けて知っておくべき消費者と労働者のAI統計トップ10を紹介しよう:

1.消費者の大多数は企業がAIを使うことに懸念を抱いている

AIがビジネス業務にますます組み込まれるにつれ、消費者の大多数が懸念を表明している。こうした懸念は、データのプライバシー、意思決定の透明性、人間との対話が減ることへの恐れといった問題に起因している。消費者は、AIが自分の個人情報をどのように扱うのか、AIの意思決定は公正で公平なものなのかを心配している。こうした懸念を軽減するために、企業は透明性の高いAIポリシーを優先し、AIシステムが倫理的で、説明責任を果たし、ユーザーに理解されるようにしなければならない。さらに、AIの利点と限界について消費者を教育することは、信頼構築に役立つ。

2.65%の消費者が、AIを利用する企業を信頼すると回答

一般的な懸念にもかかわらず、消費者の65%はAIを活用する企業への信頼を維持している。この信頼は、企業が責任と透明性をもってAIを活用することを条件としている。消費者は、企業がAIを活用して顧客体験を向上させ、サービスをパーソナライズし、効率を改善することを、こうした進歩が倫理基準や個人のプライバシーを損なわない限り、高く評価している。AIの使用方針をオープンに伝え、倫理的なAIの実践を遵守し、AIによる付加価値を示す企業は、消費者の信頼を維持する可能性が高い。イノベーションと責任のこのバランスが、AI主導の未来において消費者の信頼を維持する鍵である。

3.半数以上がAIがコンテンツを改善すると考えている

Forbes Advisorの調査では、調査対象者の半数以上が、AIは文章コンテンツを大幅に改善する可能性があると考えている。この楽観的な見方は、ChatGPTのようなAI主導のソリューションによって強化されており、文章の品質、創造性、効率を高める能力を実証している。コンテンツ制作におけるAIの役割は、マーケティングからジャーナリズムまで、さまざまな業界でますます認識されるようになっている。膨大なデータセットを分析し、首尾一貫した、文脈に関連したコンテンツを生成するその能力は、より魅力的で多様性のある、高品質の文章を作成するのに役立ちます。AI技術が進化を続けるにつれ、クリエイティブ業界への影響も拡大し、コンテンツ制作者に新たなツールと可能性を提供することが期待される。

4.77%は、今後1年間でAIが雇用喪失を引き起こすことを懸念している。

かなりの77%の人々が、AIが近い将来に雇用喪失を引き起こす可能性を危惧している。この広範な懸念は、AI技術の急速な進歩に根ざしたもので、AIは様々な分野で人間の役割を代替すると考えられている。製造業、顧客サービス、さらには知識労働の一部のような産業は、特に脆弱とみなされている。こうした懸念を和らげるためには、企業や政府が再スキルアップやスキルアッププログラムに注力し、労働力がよりAIに統合された雇用市場に備えられるようにすることが極めて重要だ。さらに、AIに取って代わるのではなく、むしろ協力者としてのAIの役割を強調することは、AIと雇用に関してより楽観的な見通しへと物語をシフトさせるのに役立つだろう。

5.AIにより4億人の労働者が解雇される可能性

マッキンゼーの報告書によると、AIの進歩により、2030年までに世界で約4億人の労働者が職を失う可能性があるという。世界の労働人口のおよそ15%に影響を与えるこの重大な影響は、様々なセクターにおけるAIの変革的性質を強調している。製造業や小売業など、定型業務に大きく依存する産業が最も影響を受ける可能性が高い。しかし、訓練や教育への十分な投資があれば、このシフトは新たな雇用の創出につながる可能性も示唆している。企業や政策立案者は、労働力の適応性と、進化する雇用環境における新たな機会の創出に焦点を当てながら、この移行をどのように管理するかについて戦略を練る必要がある。

6.AIが9,700万人の雇用を創出するという調査結果

雇用が奪われるという懸念とは対照的に、世界経済フォーラムの調査では、AIは約9,700万人の新たな雇用を創出すると予測している。これらの仕事は、AIのメンテナンス、データ分析、コンテンツ制作など、AI技術と人間のスキルを融合させた分野で生まれると予想されている。AIの管理、AIの洞察による意思決定、AIの倫理といったスキルの需要が高まるだろう。この前向きな見通しは、現在および将来の労働力メンバーが新たなスキルを習得し、AIが重要な役割を果たす変化する雇用市場に適応する必要性を強調している。教育機関や企業の研修プログラムは、こうした新たな職務に個人を準備し、AIを活用した職場環境へのスムーズな移行を保証する上で、極めて重要な役割を果たすだろう。

7.ソフトウェア・エンジニアとデータ・エンジニアがAIサポートのために募集されている

AIのビジネス業務への統合により、AIサポート業務、特にソフトウェア・エンジニアとデータ・エンジニアの需要が大幅に増加している。39%の企業がソフトウェア・エンジニアを、35%の企業がAI関連業務のためのデータ・エンジニアを募集している。この急増は、AIシステムの開発、管理、最適化に長けた専門家に対するニーズの高まりを反映している。その影響は2つある。新たな雇用機会を生み出すと同時に、AIを中心としたスキルや知識を盛り込むようカリキュラムを進化させなければならない教育部門に変化をもたらす。このような職務の増加は、AIやデータ管理における技術的な熟練度がより重視されるようになるという、雇用市場におけるより広範な変化も示している。

8.製造業がAIによって最も大きな財務的影響を受けると予想される。

製造業にとって、AIの導入は大きな財務的恩恵をもたらし、2035年までに$3.8兆円の利益をもたらすと推定されている。この潜在的な経済効果は、AIが製造プロセスを変革し、効率を高め、イノベーションの新たな道を開く役割を担っていることを強調している。しかし、この変革に課題がないわけではない。業界は、既存のシステムとのAIの統合をナビゲートし、労働力のスキルギャップに対処し、AI導入の倫理的な影響を管理する必要があります。生産性向上、コスト削減、品質向上の可能性を秘めたAIは、製造業の将来にとって極めて重要な要素である。

9.米国モバイルユーザーの半数が毎日音声検索を利用

AIを活用した音声検索は、米国のモバイルユーザーの50%にとって日常的な習慣となっている。この傾向は、AIを搭載した音声アシスタントが日常生活に溶け込みつつあることを浮き彫りにしており、ユーザーのテクノロジーとの関わり方を再構築している。その影響は大きく、マーケティング戦略、技術開発、全体的なユーザー体験に影響を与える。企業は、音声検索用にコンテンツを最適化し、デジタル製品における音声インタラクションを考慮することで、このトレンドに適応する必要がある。音声検索の増加はまた、コンシューマー・テクノロジーにおけるAIの進化を反映し、直感的でユーザーフレンドリーなAIインターフェースの必要性を強調している。

10.2024年、最も人気のあるAIの用途

2024年、AIの多用途性は、その応用範囲の広さにおいてますます明らかになり、日常的なタスクや活動を一変させる。一般的な用途としては、メッセージへの応答、金融に関する質問への回答、旅行の旅程の計画、ソーシャルメディアへの投稿の作成などが挙げられる。これらのアプリケーションは、タスクを合理化し、パーソナライズされたソリューションを提供し、創造性を高めるAIの能力を示している。こうしたAIツールの広範な採用は、日常生活におけるAIの快適性の高まりを反映しており、個人や企業の日常業務への取り組み方の変化を示している。AIが進化し続けるにつれて、個人的・職業的活動を簡素化し、豊かにするAIが果たす役割は拡大し、日常生活にさらに溶け込んでいくだろう。

AIの導入:2024年の展望

2024年におけるAIの統計は、人工知能とますます密接に絡み合う世界の鮮明な姿を描き出している。消費者の懸念が残る一方で、かなりの大多数が、責任を持ってAIを導入する企業を信頼し続けている。AIがコンテンツの質を向上させ、新たな雇用機会を生み出すという楽観的な見方は、雇用の奪い合いやスキルアップの必要性に対する懸念とバランスが取れている。

製造業のような産業は多額の経済的利益を得る態勢が整っており、AIサポートの役割の急増は雇用市場の移り変わりを浮き彫りにしている。日常業務における音声検索や多様なAIアプリケーションの利用の高まりは、AIが消費者行動やビジネス戦略への影響力を強めていることを裏付けている。

今後、このようなトレンドを理解し、それに適応していくことは、企業にとっても個人にとっても極めて重要であり、AIは急速に進化するデジタル世界におけるイノベーションと効率化の重要な原動力となる。

情報源 フォーブス・アドバイザー アップシティ、マッキンゼー・アンド・カンパニー、WeForum、アクセンチュア

アイデアについて話し合おう

    関連記事

    • トップ10 langchainのCEOがAIについて語った言葉

      ハリソン・チェイスは、開発者が大規模言語モデル(LLM)を利用したアプリケーションを簡単に構築できるオープンソースのフレームワーク、LangChainの共同設立者兼CEOである。チェイスは、機械学習スタートアップのRobustで働いていた2022年10月にLangChainを立ち上げた。

      LLM / NLP
    • ラングチェーン・トップ10ツール

      LangChainは、開発者と企業が洗練された大規模言語モデル・アプリケーションを作成することを可能にする、ゲームチェンジャー・プラットフォームとして登場しました。様々なAIツールを統合する統一フレームワークを提供することで、LangChainは以下のようなインテリジェントエージェントの構築プロセスを簡素化します。

      LLM / NLP
    • ラングチェーン・エンタープライズAI

      今日の企業や起業家にとって、大規模言語モデル(LLM)をエンタープライズAIアプリケーションに活用することは絶対的な必要条件である。膨大な量のデータに基づいて学習されたこれらの強力なモデルは、ビジネスの運営方法やエンゲージメントを変革する可能性を秘めている。

      LLM / NLP

    ビジネスを加速させる準備

    行こう
    トーク
    ja日本語