使用例

より良いビジネス意思決定のためのデータインテリジェンスソリューション

あなたのチームがデータから洞察を見出す方法を近代化する強力なソリューション。

uc1

PR&コミュニケーション

uc2

メディア

uc3

リーガルテック

uc4

コンピュータ・ビジョン

エヌアイティーエル

NITL - ニュース・イン・スリーライン

業界 メディア


配備の時期 ローレムイプサム

32

挑戦:

ヨーロッパのニュースアグリゲーターである日テレは、3文以内でニュースを消費する方法を改革している。 500以上のソースからのニュース記事は、日テレのチームによって毎日要約され、モバイルアプリで使用される。要約作業自体に何時間もかかるだけでなく、EUの著作権規則では、元の記事から8語以上を連続して使用することは禁じられている。日テレは元記事の全文にリンクしているとはいえ、3行の要約でさえこの規制を守らなければならない。この手作業に多くのリソースを費やしているため、日テレは他の分野での成長の機会を広げるために、自動化する方法を必要としていた。
33

主な目標

読者に提供する体験を向上させながら、業務を合理化し、効率を改善し、事業を成長させるために、EUの規制に従って要約を自動化する。
34

カスタムソリューション:

私たちのチームは、NITLのChrome拡張機能APIと連動し、企業の希望する長さや仕様に合わせて要約を作成する抽象的な要約モデルを構築しました。私たちのモデルは、最も関連性の高い情報を抽出し、各要約に含めるために、記事のタイプ(例えば、社説とスポーツ)を識別することができます。
s1

使用モデル

そのプロセス

1日目
契約締結
1日目 - 30
オンボーディング(方法論レビュー、目標設定、著作権制限に対応するための要約モデル出力のカスタマイズ)
2ヶ月目
カスタマイズされた抽象化モデルをAPIに展開し、NITLが使いやすいようにWebAppを付随させ、要約作成をスピードアップ
未定
今後6ヶ月の間に、日テレはカスタマイズされた要約に関する独自のデータを十分に入手し、要約モデルを日テレの編集者のスタイルに合わせてさらにカスタマイズできるようになるだろう。
エヌアイティーエル
ja日本語