購読者の皆さん、

AI & You』創刊号をお楽しみいただければ幸いです。

私たちのニュースレターは、機械学習と人工知能のニュースやイノベーションが、あなたやあなたのキャリアにどのような影響を与えるかを理解していただくことに重点を置いています。

私たちは会社として、2018年にGPT-1が登場する前から生成AIを使用しており、映画やコマーシャルに携わる企業クライアントのために、DALL-EとGANを使用して生成AIビデオを作成してきました。現在では、ChatGPTのような大規模言語モデル(LLM)をより大規模なソリューションに組み込むお手伝いをしています。私たちのコンテンツは、私たちの経験に基づいています。

ジェネレーティブAIとは何か?

ジェネレーティブAIとは、機械学習アルゴリズムを使用して、新しいオリジナルのデータ、画像、テキスト、あるいは仮想世界全体を作成または生成する人工知能の一種を指す。ジェネレーティブAIのアルゴリズムは、モデルに提供された学習データと類似した新しいデータを生成するために、ニューラルネットワークに依存している。

https://skimai.com/what-is-generative-ai/

爆発する市場

ジェネレーティブAI市場は爆発的に拡大しており、2032年までに世界の市場規模とシェアは$2,073億USDの収益を生み出すとの報告がある。2023年から2032年までの年平均成長率(CAGR)は34.2%で、2022年には$106.3億米ドルになると推定されている。

ChatGPTとGoogle検索

ChatGPTのような生成的AIモデルは、Google検索のような従来の検索エンジンの優位性を脅かしている。ChatGPTや他のモデルは、この関係を素早く乗っ取り、洗練された結果でトランザクション検索を解決している。

グーグルの対応

グーグルは、自社の検索エンジンが無反応のまま生成AIに乗っ取られるのを見過ごすつもりはない。同社はAIと機械学習に多額の投資を行っており、より正確で関連性の高い検索結果を提供するため、検索アルゴリズムを常に改善している。 グーグルの親会社アルファベットは、マイクロソフトが支援するChatGPTに対抗するため、AIを搭載したチャットボット「バルド」を導入している。

ChatGPTのアプリケーション

ChatGPTは、カスタマーサービス、言語翻訳、コンテンツ・パーソナライゼーション、ライティング支援、要約作成、感情分析、Eメール・ライティングなど、ほぼすべての業界に影響を与えるだろう。

https://skimai.com/10-practical-applications-of-chatgpt/

ChatGPTの潜在的な問題

ChatGPTを利用することには多くの利点がありますが、利用する際に生じる一般的な懸念もあります。最も一般的な問題としては、悪意ある行為者/セキュリティ上の懸念、個人を特定できる情報、使用するための再トレーニング、差別/偏見などが挙げられます。

https://skimai.com/common-issues-with-chatgpt/?utm_source=hs_email&utm_medium=email&_hsenc=p2ANqtz--UAbj-e-uohzyvsbpOuOiWaMl1pvUvV0JGS7JCMvi4AnHlS0GBy8skfQfRU88ALkx8zq0i

*スキムAIは、機械学習と人工知能のコンサルタント会社であり、言語(NLP)、視覚(CV)、自動化ベースのソリューションにまたがる企業AIの教育、デューデリジェンス、助言、設計、構築、展開、保守、更新、アップグレードを行う。

*エンタープライズAIについてのチャット

*スキムAIをフォローする ツイッター

ja日本語