プロンプト・エンジニアリングによる理解の符号化

コンピュータープログラムを作ることを想像してみてほしい。デジタル領域のアーキテクトとして、あなたは単に機能をコーディングしているのではなく、理解をエンコードし、特定の方法でユーザーと対話するための仮想フレームワークを作り上げているのだ。プログラムを作るというこのイメージは、現代の会話型AIで行われていることとさほど遠くない。 迅速なエンジニアリング.


大規模言語モデル(LLM)を使ったプロンプトエンジニアリング チャットGPT そして グーグルの吟遊詩人 は、これらの強力なAIツールに不可欠でありながら、見落とされがちな側面である。これは、AIを駆使した対話の舞台を設定し、計算機による会話に最初の方向性を与えるようなものだ。あなたがLLMと関わっているとき、最初のプロンプトは、これらのモデルが提供する可能性の広大な風景への第一歩です。それは、あなたが期待を設定し、会話を導き、そして最も重要なことは、AIの反応を形作る方法です。


このブログでは、プロンプトエンジニアリングの力と、典型的な例、考え方、潜在的な反応を最初のプロンプトにエンコードすることの重要性について掘り下げます。これを理解することで、ユーザーはトークンを節約し、AIアシスタントのコンディションを整え、何が可能かをよりよく知ることができる。初期の視覚的でないコンピュータープログラムのように、よく練られたプロンプトは、AIを活用した会話の広大な海の中で正しい方向を指し示すコンパスの役割を果たすことができる。

典型的な例をエンコードする力

誰かに新しい概念を教えようとしているところを想像してみてほしい。あなたはどうするだろうか?抽象的な言葉でその考えを説明するかもしれないが、おそらくは、典型的な例を挙げてその概念を説明するだろう。例は文脈を提供し、抽象的なものを照らし出し、馴染みのないものを身近なものにする。会話型AI、特にプロンプト・エンジニアリングに関しては、同じ原理が当てはまる。


最初のプロンプトに典型的な例を示すことで、私たちが何を求めているのかをAIに明確に伝えることができる。これは、複雑なリクエストやタスクを処理する場合に特に価値がある。AIにビジネス企画書の作成を手伝ってほしいというシナリオを考えてみよう。ビジネス企画書を作成してください」というような漠然とした指示ではなく、典型的な例を示すことができます:「昨年ABC社に提出したものと同じようなビジネス企画書を作成してください。ここでは、典型的な例を最初のプロンプトにエンコードすることで、AIに明確な方向性を与えている。


230628 最初のプロンプトに例をエンコードする

ここで重要なのは具体性だ。AIに具体的な例を与えることで、望ましいアウトプットが得られる可能性が高まります。さらに、この方法はトークンを節約するのに役立ちます。プロンプトで提供する各単語や情報の断片は、モデルが自由に使える全トークンのほんの一部を使用します。明確な例があれば、より少ないトークンでより正確な回答を得ることができ、インタラクションの全体的な効率を高めることができます。


このようにAIアシスタントを誘導することで、プログラマーがコンピューター・プログラムを条件付けるように、私たちの要求をよりよく理解できるように条件付けしているのです。これはユーザーエクスペリエンスを向上させるだけでなく、プロンプト・エンジニアリングで何が可能かについての理解を広げることにもなる。

よく構造化されたプロンプトの威力は、そこに含まれる情報だけにあるのではないことを覚えておいてほしい。AIの理解と行動を導くために例を活用する方法にもあるのだ。

考え方に影響を与える:プロンプトでAIを導く

人間として、私たちは環境、経験、消費する情報に大きく影響され、そのすべてが私たちの考え方を導いている。それと同じように、ChatGPTやGoogle BardのようなAIモデルも、私たちが与えるプロンプトの影響を受けている。


を通して 慎重かつ思慮深いプロンプトエンジニアリングつまり、AIの "思考法 "に影響を与え、私たちが必要とする、あるいは予期しているものにより近い反応を生成するよう、AIを誘導することができるのだ。しかし、それは単に明確なコマンドや指示のセットを提供することではない。思考プロセスや推論経路のエッセンスをプロンプトに取り込むことなのだ。


230628 ChatGPTの考え方に影響を与える 

例えば、AIに数学の問題を解かせたいとしよう。直接解答を求めるのではなく、問題解決の手順を示すようにAIを誘導することができる。数学の家庭教師になったつもりで、この方程式を解く手順を教えてください」というようなプロンプトは、AIの反応に大きな影響を与え、家庭教師の思考法を模倣したステップバイステップの解答を引き出すことができる。


このアプローチは、AIがたどるべき明確な道筋を提供するだけでなく、より構造化され、効率的で、文脈に富んだ方法でAIと対話するようユーザーを条件付ける。これにより、ユーザーとAIとの間に、より深く、よりニュアンスのある相互作用がもたらされる。


プロンプト・エンジニアリングは、AIの意思決定プロセスに戦略的に影響を与えることを可能にする。AIのメカニズムを理解することで、AIの「考え方」を形成し、その結果、AIが生成するアウトプットを形成することができる。しかし、アウトプットの精度は、しばしばインプットの思慮深さを直接反映するものであることを忘れてはならない。


こうして、プロンプトを作る技術は、命令することよりも、導くことの方が重要になる。私たちはもはやインターフェースと対話するだけのユーザーではない。代わりに、私たちはAIとの継続的な対話における共同創造者となり、より望ましい反応を引き出すために、AIの「考え方」に積極的に影響を与えるのだ。

ユーザーガイドとしての初期プロンプト:インタラクションの舞台設定

数多くのボタン、ノブ、画面を備えた新しいデバイスを手渡されたものの、ユーザーマニュアルがないというシナリオを想像してみてほしい。各要素の機能を理解するプロセスは、明らかに苛立たしいとは言わないまでも、大変なものでしょう。同様に、ChatGPTやGoogle BardのようなAIモデルとの対話は、その潜在的な応用範囲の広さゆえに、最初は圧倒されるように思えるかもしれない。


ここで、初期プロンプトが登場する。AIとのインタラクションの領域では、初期プロンプトはユーザーマニュアルのような役割を果たす。ユーザーのコンディションを整え、AIとのインタラクションのロードマップを提供するのだ。それは前奏曲のようなもので、続く会話のトーンを設定する。


230628 最初のプロンプトが重要な理由

コンテンツ作成にAIモデルを使うとしよう。よく練られた最初のプロンプトは次のようなものだろう:「あなたが旅行ライターで、パリで最高のカフェについての記事を書いていると想像してください。セーヌ川沿いの魅力的なカフェの生き生きとした描写から記事を始めてください。これは、AIを目的のタスクに向かわせるだけでなく、どのような反応が返ってくるかをユーザーに期待させることにもなる。


最初のプロンプトをユーザーガイドとして使うことも、トークンの節約に役立つ。ユーザーが最初からAIとの対話方法を明確に理解していれば、より的確な質問をしたり、より良いガイダンスを提供したりできるため、トークンの使用量が少なくて済む。


このように初期プロンプトを戦略的に使用することで、ユーザー体験を大幅に向上させ、AIとの対話をより直感的でやりがいのあるものにすることができる。これはコンピューター・プログラムの視覚的インターフェースのようなもので、ユーザーがAIの能力をナビゲートし、より効率的で楽しい利用を促す。


結局のところ、最初のプロンプトは最初のメッセージ以上のものなのだ。適切に活用されれば、AIとの相互作用の可能性を最大化できる強力なツールなのだ。それは出発点であり、ユーザーガイドであり、よりやりがいのあるAI体験への鍵なのだ。

専門知識をAIにエンコードする

大規模な言語モデルの複雑さを解明するにつれ、プロンプト・エンジニアリングは単なる技術的要件ではなく、人工知能に私たちの考え方をエンコードするための基本的なツールであることが明らかになっている。それが単純な注意喚起であれ、包括的なガイドであれ、最初のプロンプトは人間とAIとの対話の礎石として機能し、会話の境界と可能性を定義する。


最初のプロンプトを効果的に使用することで、AIがどのように応答すべきかの典型的な例をエンコードし、ユーザーの考え方を形成し、AIの応答を導くことができます。この実践は、トークンを節約し、ユーザーを会話の条件付けをすることで、AIとの対話の効率を大幅に向上させ、本質的に人間の期待とAIの能力とのギャップを埋める。


AIの進化において、AIを導き、教え、コミュニケーションするツールとしての初期プロンプトの本質的な役割を認識することは重要である。AIの進歩の次の波を想像するとき、会話型AIの未来を形作る重要なツールとして、地味な初期プロンプトに注目することができる。

プロンプト・エンジニアリングは、単なる出発点にとどまらない。それはアートであり、マスターすればAIの可能性を最大限に引き出す力を秘めたサイエンスなのだ。

ja日本語