ジェネレーティブAIとは何か?

ジェネレーティブAIとは、画像、テキスト、音楽、その他のデータなど、新しいコンテンツを生成するように設計された人工知能(AI)アルゴリズムの一種である。このタイプのAIは、画像内のオブジェクトを認識したり、言語を翻訳したりするような特定のタスクのために設計された他のAIとは異なります。生成的AIモデルに関しては、学習データと類似した新しいデータを生成するように設計されている。

ジェネレーティブAI市場は爆発的に拡大している。 レポート 世界の市場規模とシェアは、2032年までに$2,073億米ドルの収益が見込まれている。2023年から2032年までの年間平均成長率(CAGR)は34.2%で、2022年には$106.3億米ドルになると推定される。

ジェネレーティブAIという新しい環境と、それが産業や社会を破壊する可能性があるからこそ、このテクノロジーを理解することが重要なのだ。

ジェネレーティブAIの仕組み

生成AIアルゴリズムは、モデルに提供された学習データと類似した新しいデータを生成するために、ニューラルネットワークに依存している。これらのニューラルネットワークは、人間の脳の動作をシミュレートするように設計されており、相互に接続されたノードの複数の層で構成され、各ノードはデータに対して単純な計算を実行する。

ジェネレーティブAIについて知っておくべきことのひとつは、通常2つの主要コンポーネントから構成されているということだ:

  1. 発電機: ジェネレーターは新しいデータを作成する責任がある。
  2. 差別主義者: 識別器は、データが本物か生成されたものかを判断する役割を担っている。

この2つのコンポーネントは、敵対的学習として知られるプロセスで一緒に学習される。生成器は実際のデータと区別できないデータを作成しようとし、識別器はデータを実際のデータか生成されたデータかのどちらかに正しく分類しようとする。

このトレーニング・プロセスは、実際のデータに極めて類似したデータを生成できるジェネレーターを作成するのに役立つ。ジェネレーターのトレーニングに成功すると、トレーニングデータに似ているが、ある程度のバリエーションや新規性がある新しいデータを作成するために使用することができる。

生成AIの応用

ジェネレーティブAIは、既存のデータと似ているが、ある程度のバリエーションがある新しいコンテンツを作成できるようにすることで、多くの業界に革命を起こす可能性を秘めている。このテクノロジーは、エンターテインメント、ヘルスケア、金融など多様な分野で数多くの応用が可能だ。

生成AIの最も有望な応用例としては、画像や映像の合成、作曲、テキスト生成などが挙げられる。

画像と映像の合成

最もエキサイティングで急速に発展しているジェネレーティブAIの応用例のひとつが、画像や映像の合成分野である。映画やエンターテインメントのような産業で特殊効果を生み出すために使われたり、ファッション産業では新しいデザインを開発するために使われたりする。

画像や映像の合成に使われる最も一般的なアルゴリズムのひとつに、Generative Adversarial Network(GAN)がある。

GANは、人間の顔から動物や風景まで、あらゆるもののリアルな画像を生成するために使われてきた。また、一連のフレームを生成し、それらをつなぎ合わせることで動画を生成することもできる。GANによって生成された画像や動画は、広告、ビデオゲーム、仮想現実や拡張現実体験など、幅広い用途に利用できる。しかし、GANアルゴリズムの危険性にも注意する必要がある。例えば、GANは"敵対的AI攻撃."

GANをベースとしたAI技術で最も注目すべきもののもう1つが、以下のものだ。 DALL-E 2これは、OpenAIによって開発されたオリジナルのDALL-Eモデルの進化版である。ジェネレーター・ネットワークは、テキスト入力(例えば書かれた説明文)を受け取り、その説明文に基づいて画像を生成することができる。例えば、"帽子をかぶった猫 "や "宇宙服を着たアライグマ "の画像を生成するように指示すれば、数秒後には完全にユニークな画像が出来上がる。

オーディオと音楽


ジェネレーティブAIのアルゴリズムは、オーディオや音楽の作曲にも使用でき、新しくユニークなコンテンツの創造を可能にする。この技術を使えば、新しいメロディー、ハーモニー、リズム、さらには学習データと似ているが、ある程度のバリエーションがある楽曲全体を生成することができる。音楽業界では、新曲やリミックスの作成など、多くの応用の可能性がある。

オーディオや音楽の作曲に使われる一般的な生成AIアルゴリズムには、音符のようなデータのシーケンスを処理するように設計されたリカレント・ニューラル・ネットワーク(RNN)や、音楽データを表すテキストのシーケンスを処理できるトランスフォーマーがある。

このような領域におけるジェネレーティブAIの最良の例のひとつは、次のようなものだ。 ミュージックLMこれは、作曲のために特別に設計された生成AIモデルである。これは言語モデルの一種であり、大規模な音楽データのコーパスで学習され、新しい作曲を生成するために使用される。

テクノロジーが進化し続けるにつれて、オーディオと音楽におけるジェネレーティブAIの可能性は膨大なものとなり、今後多くの新しく革新的なアプリケーションが登場することが期待できる。

テキスト生成

ジェネレーティブAIは、新しいテキストを作成するために使用することができ、これは最も有用なアプリケーションの1つであることが証明されている。これは様々な業界で応用できる可能性がある。例えば、カスタマーサービス業界では、顧客からの問い合わせに対する自動応答の生成に利用できる。これは、一般的な問い合わせに対して迅速かつ正確な回答を提供することで、カスタマーサービス業務の効率化に役立ちます。

テキスト生成における生成AIのもう一つの有望な応用は、自然言語処理(NLP)の分野である。NLPは、コンピュータと人間の言語との相互作用に焦点を当てたAIのサブ分野である。生成AIモデルは、より自然で人間に近い方法で人間とコミュニケーションできるチャットボットやバーチャルアシスタントを作成するために使用できる。

これまでで最高のテキスト生成モデルは チャットGPTこれはOpenAIが作成した大規模な言語モデルで、人間の言語を処理し理解するためにディープラーニングを使用している。これは言語モデルのGPT(Generative Pre-Trained Transformer)ファミリーを構成し、人間と会話をしたり、さまざまなトピックに関する幅広い質問に答えるように設計されている。このモデルは、テキストプロンプト形式の自然言語入力に基づいて、これらの回答を生成する。

産業と社会に革命を起こす

ジェネレーティブAIは、既存のデータに類似した新しいコンテンツを作成できるようにすることで、多くの業界に革命をもたらす可能性を秘めている。ジェネレーティブAIの世界市場はかつてない勢いで成長しており、エンターテインメント、ヘルスケア、金融など多様な分野での応用が期待されている。

画像や映像の合成、音楽の作曲、テキストの生成などは、生成AIの多くの潜在的応用例のほんの一例に過ぎない。

これらの各分野において、ジェネレーティブAIは、私たちの特定のニーズや好みに合わせた新しいユニークなコンテンツを生成できるようにすることで、私たちがコンテンツを作成し消費する方法を変革する可能性を秘めている。

テクノロジーが進化し続けるにつれて、ジェネレーティブAIの新しく革新的な応用が今後数多く登場することが予想される。しかし、大きな力には大きな責任が伴うことを認識することが重要であり、これらの技術が善のために使用され、害のために使用されないことを保証するために警戒しなければならない。ジェネレーティブAIの使用に関する倫理的ガイドラインを策定し、実施するために協力することで、この技術が世界にポジティブな影響を与え、全人類に利益をもたらすことを確実にすることができる。

ja日本語